2017/07/19.Wed

浜田の自宅リフォーム その12

今日で7日目。
予定していた作業が大幅に残っていますが、とりあえず今日で一旦作業を中断して広島に戻らなければなりませんので、1階だけは完成させて住める状態にしなくてはなりません。
少々焦っているのに、朝、義母が食事を作る時に換気扇を回していないことに気付き、どうしたのか聞くと「換気扇は動くけど止まらないのでつけない」と言う。
調べると、スイッチ部分が油でべっとりとなっていて上手く動かない。
カバーを外しすと、溜まった油が流れ落ちる。
そして、スイッチ部分を見ると、外のダンパーと繋がっている部分が折れているではありませんか。
ダンパーのレバーを持って動かそうとしたら、かなりの力がいる。
良く見るとダンパーが油でかたまっていて開かないことが分かる。
つまり、換気扇は回るが、ダンパーが開かないので空気が外に排出されない状態であることが分かる。
これは、ダンパーを掃除して、換気扇を取替えなかればならず、これを修理していてはフローリングを張ることもできず、広島に戻ることが出来なくなるので、ダンパーを強制的に開けたままにして、換気扇のスイッチに棒をつけて動かせるようにして応急処置をしましたが、さて、いつまで使えるか・・・

それと、先日、母に頼まれたものを購入するのと、フロアー釘を買うために朝食後すぐに買い物に出かけ、すぐに戻って、残りのフローリングの貼り付けをしました。
しかし、最後の1列は、約半分にカットしなければなりません。
採寸して丸のこの定規を使ってカットして、最後の調整をカンナで削ってはめ込みを完成させました。
ちょうどお昼に完成しました。
20170719_浜田自宅リフォーム

細かなところを見ればおかしなところはたくさんありますが、まあいい感じで収まりました(自画自賛)
20170719_浜田自宅リフォーム

昼食後、片付けです。
移動していた、テレビ、テーブル、イスをフローリングの上に戻し、カーペットを敷いて生活できるようにしました。
続いて、2階の洋間の片付けです。
天井はそのままで、石膏ボードが2枚張っているだけ。
作業台、工具類を整理し、不要な材料を片付け、掃除をして午後3時になんとか終了です。
1階台所のフローリングと2階の天井の修理と、壁紙の張替えは次にまわします。
それと、玄関前に大木になったカイズカイブキの伐採は、今回もできませんでした。
台風シーズンまでには伐採しておかないとヤバイのですが・・・・
この他に、網戸の張替え、ふすまの張替え、トイレの床と壁の張替え、洗面所の床と天井の張替えなど、やることはいっぱいです!
それにもう一つ、換気扇の修理が追加されました。
さてさて、どうなることやら・・・

とりあえず、シャワーを浴び、少し休んでから広島に戻りました。
明日からまた仕事じゃぁ・・・

リフォーム | Comments(0)
2017/07/18.Tue

浜田の自宅リフォーム その11

休みもあと2日。今日で6日目になりました。
明け方、雨が降り始めました。
ベランダのフローリング材は移動していたのですが、ベニア板をそのままにしていたので、飛び起きて室内へ移動させました。
畑や植木にとっては恵みの雨ですが、風がなく蒸し暑いです。
さあ、いよいよフローリングの貼り付けです。
20170718_浜田自宅リフォーム

約2mのフローリング材をちどり張りするために、根太の位置を確認してカットしていくのですが、フローリング材も少し短いものもあるし節の位置もあり、両端が真っ直ぐでもなく、これがなかなか大変。
20170718_浜田自宅リフォーム

ただ、新しい鋸と直角に切るのこぎりガイドとマジカルサンダーで、スムースに仕事が進んでいきました。
と言っても、半日かかってやっと三分の一が済んだところです。
20170718_浜田自宅リフォーム

カットして、敷いて、実部分をきっちり嵌め込むために当て木をして金槌でたたき、フローリング釘を打つのをくり返していくのですが・・・
当て木をたたく時に、親指を思いっきりたたいてしまいました!
親指の爪が黒くなり腫れてきました。とにかく痛い! 作業が続けられるか心配ですが、やるしかありません。
そして、残り3列分のところまできて、フローリング釘がなくなりましたし、指も痛いので、今日はこれで限界です。

自宅の2階から見える夕焼け空を写してみました。蝉の声や虫の声がにぎやかです。
20170718_浜田自宅リフォーム

夜になって、指の状態を写真に撮ってみました。
20170718_浜田自宅リフォーム

一晩、氷で包んで痛みに耐えながら眠りました。

リフォーム | Comments(0)
2017/07/17.Mon

浜田の自宅リフォーム その10


5日目。
今日は朝から、昨日の続きで断熱材をはめていきますが、その前に折り戸を取り除いたレールの後に埋め木をしておきます。
溝は幅20㎜、深さ15㎜です。
埋め木用に買ってきた材料は25㎜*15㎜ですから5mmほどカットしなければなりませんが、材が小さいので丸のこではカットできないので、手カンナで削ります。そして、敷居部分の色が違っているので、全体をカンナで削ってきれいにしておきます。
しかし、こうしたちょっとした作業は思ったよりも時間がかかりますが、フローリングを張ってからではキズが付くので、早めに対処しておきます。
20170717_浜田自宅リフォーム

そして、断熱材のはめ込みです。やっと終わりました。
20170717_浜田自宅リフォーム

ここまでで、お昼を過ぎたので昼食休憩。
でも、疲れすぎて食欲がありませんが、食べておかないと体力が持たないので、冷たいお茶漬けにして流し込みます。
午後からは、合板を敷きつめていきます。
20170717_浜田自宅リフォーム

午後2時半にはなんとか張り終わりました。
やっとフローリング材の貼り付けに入れるんですが、その前に、合板の上に根太の位置を墨壷でマークしておきます。
20170717_浜田自宅リフォーム

そして、6畳分のフローリング材を運び込んで、どのように張るか検討していきます。
それと、テーブルソーが無いので、フローリングを直角に切断する方法を考えなければなりません。
ソーガイドを購入しておけば良かったのですが、今からでは遅すぎます。
手鋸もかなり傷んでいるので、思い切って新しい鋸と直角に切れる治具とヤスリを購入することにしました。
予定から大幅に遅れ、残り1日半でなんとか1階の和室のフローリングだけは仕上げたいと、少々焦り気味です。
その上、明日は天気が崩れそうな予報なので、ベランダに置いていたフローリング材を玄関に移動したり、少し片付けのことも考えます。

夕方、買出しに出かけ、実家にもちょっとだけ寄ってきました。
母から、買い物を頼まれたので、広島に戻るまでに買ってこなくてななりませんが、作業の様子を見てきめます。
今日も、終わったぁ・・・


リフォーム | Comments(0)
2017/07/16.Sun

浜田の自宅リフォーム その9

4日目ですが、もう曜日の感覚もなくなってきて、写真を撮るのも忘れています。
さて、今日は1階の床の材料は、ホームセンターのナフコで調達します。
なぜなら、ナフコは第1と第3日曜日はポイント5倍の日ですから、材料購入は今日に決めていました。
昨日、検討した材料を買いに、朝一番にナフコへ。
9㎜合板:7枚
米松垂木(45*45*3000):11本(1本足らなかったので4mに・・・)
断熱材(スタイロフォーム30㎜):7枚
取り外したレールの埋め木用のパイン材(25*15*1800):1本
あとは、コースレッド、フロアー釘、隠し釘などを買って、軽トラックを借りて(修理から戻っていました)運びました。

いよいよ、床張りの作業です。
まず、既存の根太の上に45*45の垂木を乗せ、9㎜の合板を乗せ、15㎜のフロアー材を乗せてレベルを確認すると、なんと! 敷居より1㎜くらい出てしまうではありませんか?
このレベルを調整するために垂木を削るのは、とうてい無理です。
そこで、8.5㎜の合板があったので、9㎜合板と取り替えてもらうことにしました。
ところが、店員さんが先に買った合板を安売り品と勘違いして、板厚が薄くなったのに追加料金を取られました。
帰ってから再度レシートを見ると、安売り商品ではなかったので、電話してお金を返してもらうために、またホームセンターへ行くことになり、時間がかかってしまいました。(この忙しいのに・・・!)
気をとりなおして、既存の根太の上に45*45mmの垂木を追加していきました。
次に45*60の垂木を1本追加し、その上に乗せる45*45の垂木の1辺を6㎜カットするために、電動カンナを使ってみましたが、上手くいきません。
そこで、丸のこでカットしてみました。
ここで役に立ったのが、コンパネで作った作業台です。
作業台に垂木をクランプで挟んで、丸のこの幅を一定にする定規を使って3mの長さを6㎜カットすることに成功しました。
(真ん中のちょっと白っぽい垂木が追加した部分です)
20170716_浜田自宅リフォーム

続いて、断熱材を挟んでいきます。
これが、結構大変です。
根太の間隔が一定していないので、その都度測り、スタイロフォームをカッターで切ってはめていきますが、やっと半分はめたところで時間切れ・・・。
20170716_浜田自宅リフォーム

最低でも、合板までは張れると思っていたのですが、疲れもピークに達していて、思うように身体が動きません。
最後までもつだろうか・・・?

リフォーム | Comments(0)
2017/07/15.Sat

浜田の自宅リフォーム その8


さて、リフォーム作業も3日目・・・
とりあえずの予定にあわせて、2階の洋間は後回しにして、1階和室のリフォームにかかることにしました。
まずテレビやテーブル、ソファーを移動してから畳をはがし、和室と台所の間の折戸とレールを外します。
そして、床の状態を確認すると、床材にべニア合板が使ってあり、根太のない部分はほとんどのところでふわふわしています。
20170715_浜田自宅リフォーム

半分剥がしてみましたが、もう使い物にはならないほど、バラバラになってしまいます。
20170715_浜田自宅リフォーム

厚みは9mmでしょう。床下が特に湿気ている訳ではなく、ベニア合板そのものが腐っているのでもありませんが、貼りあわせている部分が経年劣化で弱くなっていると思われます。
つまり、床材に合板を使っている場合、20年程度が限界のようです。
それと根太の間隔が600mmになっている上に、断熱材も入っていません。
33年前で、家のことはすべて工務店に任せていたので仕方ありません。
全部剥がし終わりました(フゥ~)
20170715_浜田自宅リフォーム

次に、作り付けの棚を取り外します。
敷居部分をジャッキで持ち上げて、棚をずらすと、下側は動くのですが、上がびくともしません。
どこかで止めてあるようですが、よく分かりません。
この棚はもう使いませんのでぶち壊しました。
すると、なんということでしょう? ガラスが入っていたプラスティックのレールの溝でビス止めされていましたが、壊したあとのまつりでした!
20170715_浜田自宅リフォーム

しかし、この棚がなくなっただけで広く感じます。ワンフロアにして正解のようです。
ただ、敷居部分も取り除きたいのですが、天井の関係があるのでまた考えます。
ここで、敷居とのレベルと根太の間隔などを検討して、材料調達の計画を練ります。
20170715_浜田自宅リフォーム

フローリング材を置いてみると、根太の位置があいません。
やはり、根太を303mm間隔にしたほうが床も丈夫になると思うですが、今の根太の寸法を測ると、なんと45*54mmで、ホームセンターには売っていません。
また、敷居とのレベルを合わせるためには、今の根太の上に45*45mmの根太を重ねて、9㎜の合板の上にフローリングを張るとピッタリのようです。

そこで、センターに根太を1本だけ追加することにしました。
根太材として、ホームセンターに売っている45*60mmと45*45㎜の角材を組み合わせてどちらかの角材を6㎜ほど削るか、カットすることにしました。
今日は、ここまでで時間切れ・・・
今日も暑い一日でした。
30分おきくらいに水を飲むのですが、トイレにはまったく行きません。
全部、汗で流れるのでしょうか???


リフォーム | Comments(0)
2017/07/14.Fri

浜田の自宅リフォーム その7


前の晩は疲れもあって、特にすることもないので夜9時過ぎには就寝。
2日目は、朝食前の7時過ぎから作業台の組み立てを行いました。
20170714_浜田自宅リフォーム

途中、朝食を食べてから再開して9時30分には完成。
思った以上に時間がかかりましたが、満足のいく仕上がりでした。
ただ、2台作ろうと思ったのですが、1台で断念。
20170714_浜田自宅リフォーム

続いて、2階の天井を一人で細工するための治具の作成です。
これは、イメージだけで設計図なしの合わせ大工ですが、ひと工夫して真ん中部分で、高さを調節できるようにしてみました。
昼までには完成できました。
20170714_浜田自宅リフォーム

ここで、佐川急便から電話があり12時過ぎに商品を届けるとのこと。
12時10分に軽のライトバンのバックドアを開けたままで2名でやってきました。
4個口になっていました。
20170714_浜田自宅リフォーム

一人で、なんとか抱えられる重さです。
これで23880円の送料はボラれた感じですがしゃぁない!
さっそく、梱包を解いて確認してみましたが、なかなかのものです。
ただ、横に実(繋ぎ)がないのが思っていたのと違っていましたが、これも仕方ありません。
20170714_浜田自宅リフォーム

昼食を食べてから、前回の作業で2階洋間の天井に残ったタッカーの針を抜く作業です。
脚立に乗って、上を向いての作業も疲れますが、1時間30分程度できれいにできました。
 befor
20170702_リフォーム
 after
20170714_浜田自宅リフォーム

続いて、天井の下地となる石膏ボードを張っていきます。
ここで、役にたつのが治具。
片方を天井の隅間にひっかけて、治具で天井に押し当ててからビスで止めていきます。
20170714_浜田自宅リフォーム

タッカーがあると楽なのですが、9.5㎜の石膏ボードに10㎜の針なので、ちょっと無理ですから、仕方ありません。
なんとか2枚とめたところで2日目は時間切れ。
20170714_浜田自宅リフォーム

ここから、天井の真ん中部分は一人では到底無理と判断し、後日助っ人を頼むことにしました。
しかし今日も、暑かったぁ!
今日もビールがうまい!!


リフォーム | Comments(0)
2017/07/13.Thu

浜田の自宅リフォーム その6


さあ、いよいよ浜田の自宅リフォームを一週間取り組むために、有給休暇を取りました。
朝、8時30分に広島のアパートを出発。
途中、友人に工具(ジグソー、電動カンナ、大型バール、タッカー、墨付け、チェーンソー等)を借りに寄り、浜田へ。
先日の大雨で、国道186号線が大佐山を超えてすぐのスノーシェルターの下が崩壊して通行止めになったので、雲月山を回る迂回ルートで11㎞遠回りして帰りました。
昼前に自宅へ到着。
昼食を食べさせてもらって、さっそく材料の買い出しにホームセンターへ出かけました。
作業台を作る最低限の材料を購入して軽トラックを借りようとしたら、修理中で2~3日戻ってこないということで、自分の車に無理やり積み込んで帰りました。
(日曜日に軽トラックが戻っていないと困るけど、先のことは考えないことにしました)

さて、作業台の作成からスタート。
最初は、コンパネをクロスさせて足にして上にコンパネを乗せるだけの簡単なもの。
20170713_浜田自宅リフォーム

完成
20170713_浜田自宅リフォーム

次は、鋸を使うのに便利な小型の台。
これを紹介しているのが、VIC's D.I.Yというサイト
20170713_浜田自宅リフォーム

設計図もしっかりしていて、材料の切断精度で勝負されている方なので、1台目の材料の切断までで、午後6時30分を過ぎ、1日目が終了です。
20170713_浜田自宅リフォーム

1日目の予定からは約半分の出来でしたが、暑さで汗ぐっしょり。
日頃動かないので、ヘトヘトですが、風呂上がりのビールは最高!

リフォーム | Comments(0)
2017/07/09.Sun

浜田の自宅リフォーム その5


フローリング材の注文を済ませたので、13日からの作業計画を練りました。
天気が心配でしたが、週刊天気予報では18日が曇りから雨模様ですが、作業自体はほとんど室内なので、なんとかなるだろうと安易に考えています。

7月13日(木)
 09:00~ 移動(広島→浜田) ・・・途中で工具類借用
 13:00~ 作業台・天井材取付治具の材料買い出し・作成

7月14日(金)
 08:30~ 作業台・天井材取付治具の作成
 13:00~ フローリング材受け取り
 13:30~ 2階天井下地整理(タッカー釘抜去)
 15:00~ 2階天井材張り

7月15日(土)
 08:30~ 1階和室と台所堺の折り戸と作り付け棚取り外し
        畳、床材剥ぎ取り
        購入材料の検討

7月16日(日)
 08:30~ 1階和室床下地材買い出し
 10:00~ 1階和室床下地(根太)工作

7月17日(月・祝)
 08:30~ 1階断熱材、コンパネ、フローリング張り

7月18日(火)予備日
 08:30~ 17日までの予定で済んでいない工程をかたずける

7月19日(水)
 08:30~ 片づけ
 15:00~ 移動(浜田→広島)

さて、これだけスムーズにいけば最高なんだけど、一人でどこまでできるやら・・・

リフォーム | Comments(0)
2017/07/08.Sat

まいったなぁ 国道186号線通行止め!

浜田の自宅のリフォームを本格的に始めた矢先に、7月4日から5日にかけての豪雨災害で国道186号線が、大佐山のところで通行止めになったとの報道がありました。
20170708_国道186号線通行止め
(中国新聞7月8日)

7月5日に島根県浜田市に大雨特別警報がだされ、58年の山陰豪雨災害を思い出しました。
58年当時は、まだインターネットはあまり普及していなくて、レーダー情報も一般的でなく、誰もがあんな集中豪雨がくるとは思っていませんでした。
後で分かったことですが、今で言う「線状降水帯」という真っ赤な雨雲が益田、三隅、浜田に流れ込んでいたのです。
今回も、それに匹敵するような真っ赤な雨雲が流れ込んでいました。
そして、あちこちに災害をもたらし、186号線のスノーシェルターの下もえぐりとられていたようです。

これから、毎週のように浜田に帰ろうと思っていたのに、困ったものです。

なんとか迂回路を探しました。
国道186号線の芸北町役場を過ぎて、県道11号線に入り、県道113号線を経て都川に入り、県道5号線から旭町坂本で県道52号線に入り、広域農道を通って再び県道52号線に戻り、小国を通って、国号186号線に出るルートがあるようです。
国道186号線だと16.6kmの距離を、迂回ルートだと27.6kmとなり、約11km遠回りになりますが走れそうです。

これだけの崩壊だと半年、いや来年の春まで復旧しないかも・・・
まいったなぁ!

戯言日記 | Comments(0)
2017/07/07.Fri

浜田の自宅リフォーム その4

1階の居間と台所のリフォームのためにフローリング材の注文をします。
ホームセンターをめぐって探していましたが、なかなか思うようなものに出会えず、インターネットでも検索。
しかし、送料が結構かかるので踏ん切れないでいましたが、ついに決断しました。
6月末に、満天木材に直接電話してバラ売りの価格と送料を確認。
4メートルの杉材だとバラ売りは約2倍と聞いて、送料を確認するまでもなくやめました。
2メートル物の檜だと一畳あたりで3996円が500円アップで、税込みだと5830円。
送料は、島根までだと、坪あたりで1900円(くらい・・・)とのことで、トータルすると12畳分で69700円。
1畳分約6300円の計算になります。
ホームセンターのナフコで樺桜で一畳分(15*150*1820 6枚)が8980円
合板の一坪分(12*303*1818 6枚)で8780円(一畳分だと4390円)
板の長さの関係もあり、満天木材さんに、7月4日にメールで見積もりを依頼しました。
しかし、6日の朝になっても返事がない・・・。
メールのエラーもないので届いているはずなので、電話で確認すると、しばらく待たされて、「優先して見積もりします」とのことでした。
家に帰ってメールをチェックすると、なんと電話から30分後には見積もりの返信が送られていました。
見積もり依頼した商品とは違う型番で以下のようになっていました。

■商品番号 100114
■商品名 国産 桧 A品 節物 超仕上済 フローリング材 
■サイズ 長さ約2m×厚み1.5cm×幅11.5cm (1束=8枚入=約半坪)
■等級  A品 節物
■仕様  超仕上済・埋め木あり
20170707_フローリング材注文

◆値段: 12束 51,710円(@4309-)
◆送料(個人):12束 23,880円(@1990-)
◆合計:75,590円

送料が電話確認のときより2倍になっているのですが、一畳と一束を聞き間違えたのでしょうか。
私の計算より約6000円高くなりましたが、入金して注文しました。
7月13日から一週間かけて、集中してリフォームしようとちょっとだけ本気モードになり、フローリング材を7月14日に受け取ることにしました。
さあ、後戻りはできません!

リフォーム | Comments(0)
 | HOME | Next »