2018/03/30.Fri

広島からの旅立ち


いろいろ、気分だけが忙しく、しばらく更新していませんでしたが・・・
28年間住み続けた広島を今日離れます。
たくさんの方に、支えていただき、楽しく過ごすことができました。
ほんとうにありがとうごいました。

自宅のリフォームはまだまだ続いていますし、これまでの状況は、おって掲載していこうと思っています。

戯言日記 | Comments(1)
2018/02/17.Sat

洗車と車検と大型客船

4年前に中古で買ったシ車(エンタ)が2回目の車検を迎えました。
このシエンタ、4年間乗ってきて、大きなトラブルがないので、交換部品も少ないだろうと考えて、前のステップワゴンの時になかなか良かったので、今回も車検の速太郎に出すことにしました。

先週、浜田に帰った時に、洗車場が満杯で洗っていなかったので、昨日の夕方に洗車しておきました。
20180216_車検

今日は、社宅の掃除日です。先週だったのですが、雨で今日に延期。
今の時期は、枯葉もなく、ごみはほとんどなくて、30分ほどで済ませました。
そして、午後1時に車検のために速太郎に行くと、すぐにバラして点検。
エンジンオイルと、バッテリーの交換は予定していたのですが、結果を聞くと、なっ、なっ、なんと!
ウォーターポンプからラジエター液が漏れていて、リザーブタンクが空っぽになっており危ないとのこと。
ブレーキ関係の部品交換はないけれど、ブレーキオイルの交換とブレーキドラム周りの清掃は必要とのこと。
それに、ライトの光軸のズレがあるとのことですが、2年前の車検でどんな調整をしていたのか。
それ以外に、細々とした点があれやこれや・・・。
一番大きい出費が、ウォーターポンプ交換の技術費用とバッテリー。
予定していた費用より5割アップとなり、痛い出費ですが、このシエンタとはこれからまだまだ付き合わねばならないので仕方ありません。

部品交換に時間がかかるとのことで、代車の軽自動車を貸してもらってゆめタウン廿日市へ買い物へ。
昼ご飯を食べようと、3階のフードコートへ行き、昨夜煮込みラーメンだったので、麺類はやめて丼にでもしようとザ・丼で、まぐろの漬け丼とかき揚げ丼を頼んだら、最悪でした。
特に、かき揚げ丼にのっていたかき揚げは、緑のたぬき天そばに入っているより薄いもので、たぶん冷凍のかき揚げをレンジでチンしてご飯の上に乗っけただけで、出汁もかかっておらず、一口食べてやめました。
これは絶対に丼ではない。天ぷらのせごはんで、これは詐欺です。もう行かねぇ!

帰りに、海岸沿いを走っていると、五日市港に大型客船が入港していました。
20180217_大型客船

船名は「Norwegian Joy (ノルウェージャン ジョイ)」で、総トン数167,725トン、全長333m、乗客定員3,883人。
午後4時には上海に向けて出港していきました。

午後6時に、車の部品交換が終わったので取りに来るように電話があり、代車の軽自動車ともお別れ。


戯言日記 | Comments(0)
2018/02/12.Mon

浜田の自宅リフォーム その40

自宅に入って中国電力さんが来るまでに、できることをしておこうと昨日までに済んだ壁紙の写真を撮ったり、掃除をして待ちました。
20180212_浜田自宅のリフォーム

20180212_浜田自宅のリフォーム

勝手口の上の部分はまだ壁紙を貼っていません。
20180212_浜田自宅のリフォーム

そうこうしていると、9時過ぎに電話がかかり「今から伺います」とのことで30分くらいで来られました。
調べてもらったところ「入力も異常はないし、室内の漏電もなく、ブレーカー自体が壊れていると思われる」とのことでした。
さらに、「中国電力は工事をしませんので、ブレーカーの交換は電気工事屋さんへ依頼してください。依頼する時に『単三40A』と伝えると部品が特定できると思います」と、丁寧に教えてくれました。
しかし、電気工事屋さんがわからないし、祝日に対応してくれるところを教えて欲しいと頼むと、「中国電力としては特定の会社を紹介することはできないので、この近辺の会社の電話番号を事務所に聞いてみますので、ご自分で連絡してください」とのこと。
5社の電話番号を教えてもらって、さっそく電話しました。
最初に自宅から一番近い会社に電話すると、転送されるような音がして、男性が対応してくれました。(ラッキー!)
事情を説明すると「今日は休みで対応できないし、部品を注文するのは明日になるので、明日朝一番で調べて連絡しましょうか」と、丁寧に応じていただけました。
しかし、私は今日の午後には広島市に戻らねばなりませんので、別の会社にも連絡してみるので、どこもだめならまた電話することで、次に電話しましたが、3社は誰も出ず。
最後の1社に電話すると女性が対応してくれ、「緊急なら担当者から電話させます」ということで、少しして担当者の男性から電話があり「部品と人間を手配して13時までには連絡します」というとになりました。
13時まで待つことにして、リフォームを続けました。

すると11時頃に電話があり「今から行く」とのこと。
「場所は児童館のそばですよね?」と聞かれたのえすが、私の自宅には児童館はありません。
「長浜町ですよ」と言うと、「えっ、長沢町ではないんですか。長浜のどこら辺ですか?」というので、9号線から旧浜田カントリーへ上がる途中です」と言うと「わかりました」とのこと。
この頃には、雪が舞い、庭は真っ白で、道路にもうっすらと雪が積もってきました。
待っている間に、できるリフォームをしながら過ごしていると、来られました。
さっそく交換作業です。「ブレーカーは中古品ですが、とりあえず困るだろうと思ってこれで交換します」とのこと。
古いブレーカーを外したところ。
20180212_浜田自宅のリフォーム

そして、交換したところ。
20180212_浜田自宅のリフォーム

ブレーカーのスイッチを入れると、浄化槽のポンプが動く音がして正常に通電しました。
蛍光灯などのスイッチを入れると点灯しました。
新品との交換日を確認されましたので、次に平日にいる予定の26日の午前中としました。
そして、値段を聞くと「新品の値段が確定しないので、なんとも言えませんが、約2万2~3千円くらいでしょうか」とのことにビックリ!
でも、今日中に直ってよかった。これで安心して広島に戻れます。

さて、リフォームの続きです。
台所の壁紙貼りがすべて済んだと思ったら、いつも扉を閉めたままで気づかなかったのですが、扉の裏側の壁がまだだったことに気づきました。
パテを埋めなければなりません。
20180212_浜田自宅のリフォーム

が、外は猛烈な吹雪になっていて、母が心配して電話してきました。
早々にパテを塗り、道具を片づけ、掃除をして帰ることにしました。
外にでると、一面が雪で覆われ、道路にも積もっていましたが、天候は回復してきているようで、日がさしてきました。
20180212_浜田自宅のリフォーム

20180212_浜田自宅のリフォーム

午後1時半に浜田を出発して広島に戻りました。
道路の雪は先週とほぼ同じ程度で、波佐の手前から温井ダムまで圧雪がありましたが、2時間半で広島に戻ることができました。
ただ、今日は祝日でまだ日が高かったので、洗車場は満員。今日の洗車はあきらめることにしました。

さて次回は、和室だったところの壁紙貼りと、ベッドを作る予定です。
しかし、まだまだやることはいっぱいあります。
流し台の下の引き出しや戸を付けなければなりませんし、各部屋のふすまの張り替え、洋間を寝室にするので、エアコンのコンセントも引かなければなりません。
それに義理の親が置いて出た、食器棚やタンス、鏡台など捨てるものや整理しなくてはならないものもたくさん残っています。
さてさて、引越までに間に合うでしょうか?

リフォーム | Comments(0)
2018/02/12.Mon

シエンタ 99000キロメートル

今日は中国電力さんが、分電盤の状態を点検に来てくれるので、朝、8時過ぎには自宅へ車で向かいました。
すると、シエンタの走行距離が99,000㎞になりました。
自宅駐車場に着いたら、99,001㎞でした。
20180212_浜田自宅のリフォーム

ナビは自宅の位置を表示しています。
シエンタは4年前に中古を買ったもので、今年で13年目。
3月には車検です。

戯言日記 | Comments(0)
2018/02/11.Sun

浜田の自宅リフォーム その39 とハプニング!

今日は、昨日の続きで、流し台の照明取付から始めます。
昨日準備しておいたキッチンパネルの裏側に両面テープを部分的に貼りつけ、接着剤を塗って貼り付けます。
キッチンパネルを貼りつけたところです。
20180211_浜田自宅のリフォーム

続いて、隙間にコーキングを打ってから、照明器具の取付です。
私は、電気工事士の免許を持っているので、家庭内などの電気工事をすることができます。
20180211_浜田自宅のリフォーム

なんとか取付できましたので、電気を付けてみると「明るい!」
20180211_浜田自宅のリフォーム

あとは、流しの右側の壁にもキッチンパネルを貼りたいのですが、家具を入れてみてから、どこまで貼ればよいか確認してからにするので、ここは先延ばしです。

次は、台所の壁紙貼りです。
まず、流し台に向かって右側の壁から貼っていくことにして、壁紙を縦の長さにカット。
垂直をレーザー水準器で出しておいて、貼りつけていきます。
20180211_浜田自宅のリフォーム

次は、台所手前側の鴨居部分。
長さも短く、角もないので楽に貼っていけます。
20180211_浜田自宅のリフォーム

続いて、流し台に向かって左側の壁を貼って、今日の作業を終わることにしたのですが・・・ここでハプニング!

あちゃー! ブレーカーがぶっ飛んじゃったぁ! 

台所左側の分電盤の部分をくり抜こうとして、なぜかブレーカーが落ちてしまいました。
20180211_浜田自宅のリフォーム

すっかり日も落ちていて、ほとんど見えない状態です。
懐中電灯で分電盤を照らしてみると、なんとメインブレーカーのスイッチが落ちています。
一旦、全部のブレーカーを断にして、黄色い漏電ボタンが飛び出していたので、これを押し込んでメインブレーカーを上げても、止まりません。
メインブレーカーのスイッチに引っ掛かりがまったくなく、上にあげてもすぐに下に落ちてしまって、電気が入りません。
これは、困った。
今日は日曜日で、すでに真っ暗。
原因もよく分からないし、どこに連絡すればよいかも分からず困りました。
そこで、昨日、親戚の一周忌に参列していた伯父さんが、以前電気工事会社に勤めていたのを思い出し電話してみました。
すると、「ブレーカーに引っ掛かりがないとすればブレーカー自体が壊れたかもしれないなぁ。とりあえず、中電に電話して原因を調べてもらうしかないだろうが、ブレーカーが原因だと、取り替えるしかないが、取り替えは電気工事屋さんに頼むことになる。でも、今日も明日も休みなので難しいかも」とのことでした。
電気が来ないのが長引くと、浄化槽のポンプが止まって空気を送れなくなるのでバクテリアが死んでしまうのは困ります。
それに、明日は広島に戻る予定なので、明日中になんとか直したいですが、パソコンも使えないので、連絡先を調べることもできないので、実家に戻ることにしました。

実家に戻って、パソコンで中国電力の連絡先を調べたのですが、受付時間が朝9時~20時(土日祝日、年末年始を除く)となっています。
まいったなぁと思いながらも、ダメもとで電話したらカスタマーの女性が対応してくれました。
事情を話すと「ブレーカーを戻す手順を説明しますので、やってみてください」と言って説明を始めました。
が、すでに現場を離れているのでできない旨と、言われた手順を実行しても復旧しないし、メインブレーカーのスイッチに抵抗がないと説明すると、「じゃあ担当者を派遣しますが、夜9時頃になるかも」とのことでした。
よって、明日の朝でも同じなので、明日朝一番で来てもらうことにしました。
リフォーム | Comments(0)
2018/02/10.Sat

浜田の自宅リフォーム その38

今日は11時から親戚の叔父さんの一周忌の法要もあり、3連休にもなるので、先週に続いて自宅リフォームをするために浜田に帰りました。
今日は、朝から雨。浜田に帰るまでもずっと雨で、道路に雪はほとんどなく、スムーズに浜田に帰りました。
法要は午後1時に終わったので、自宅リフォームの続きです。
先週、台所の壁の下地を整えるためにパテを埋めていたのですが、パテの盛りが少なかったのか、少しやせてしまっているようです。
そこで、再度パテを塗って明日の壁紙貼りに備えました。
20180210_浜田自宅のリフォーム

20180210_浜田自宅のリフォーム

次に、流し台の上の照明ですが、これは蛍光灯で、全体が油で汚くなっています。
そこで、LEDタイプに交換することにして、アマゾンで購入しておきました。
20180210_浜田自宅のリフォーム

青いタイルのままでは暗いイメージなので、白いキッチンパネルが半端に残っているので、これを貼ることにして、長さがちょっと足りないので、ジョイントでつなぐように細工。
20180210_浜田自宅のリフォーム

20180210_浜田自宅のリフォーム

今日の作業はここで終わり。

リフォーム | Comments(0)
2018/02/04.Sun

浜田の自宅リフォーム その37

今日から、さらに寒気が強まって、昼からは吹雪になるかもという予報なので、昼過ぎには作業を終えて、広島に戻るつもりで作業開始です。

昨日の続きで、開けた天井の開口部の様子。
玄関側は丸鋸で強引にカットしたので、かなりぐちゃぐちゃになっています。うまく隠れてくれるといいのですが・・・
20180204_浜田自宅のリフォーム

そこで、点検口部材をあてがってみると、野地板が少し邪魔しているので、釘を取り除いてからノミを使ってカット。
上手く納まりました。
そして、野地板のカットしたところに開口部材をねじ止めすれば固定できることが確認できました。
ただ、丸鋸で強引にカットしたため、開口部材では隠しけれないので、見切りを考えなければなりません。
ちょっと思案した結果、薄いべニア板に天井材と同じようなビニルシートが残っていたので、これで見切りを作って、隠すことにしました。
開口部よりちょっと大きめにべニアをカットして四角く作ります。
力が懸かるわけではないので、両面テープで隅を仮止めし、ビニルシートを貼ってしまえば問題ないと判断して適当に作りました。
20180204_浜田自宅のリフォーム

これを、開口部材にはめてから天井に取り付けます。
上手くいきました。
そこで、開口部材を留めるために、開口状態にして取り付けると、今度は垂木が邪魔をして納まりません。
邪魔をしている垂木部分を鋸とノミでカットして、うまく収まりました。
20180204_浜田自宅のリフォーム

最後に、開口部の天井部材を入れ込んで固定するのですが、最初に開口部にあてがったべニア板を内寸にカットして、天井材を貼りつけて留めれば完成です。
ところが、内寸に合わせて切ったつもりがちょっと小さかったらしく、ぎりぎりで、少しでもズラせば、抜け落ちてしまうではありませんか。
切りすぎたのは元には戻せませんが、ぎりぎりなんとか納まるのでそのままで留めました。
これで、完成です。
20180204_浜田自宅のリフォーム

開口部はなんとか納まったのですが、問題はこの天井点検口はほとんど役に立たないことが判明!
と言うのは、開口したすぐそばは、大きな木が横たわっていて、先がまったく見通せず、手を入れる隙間もほとんどなく、無駄骨だったようです。(まあいいか!)
ここまでで、昼を少し回ってしまいました。

天気は思ったほどひどくならず、雪がチラホラはしても、時々青空が覗く空模様なので、3時まで頑張る予定に変更です。
今日は、ホームセンターのポイント5倍デーなので、次の材料の買い出しをして、台所と居間の壁紙を貼るための下準備を済ませてから広島に戻ることにしました。
買い出しの一番の目的は、台所と居間の壁紙選びです。
先日、トイレに使った壁紙と同じロット番号がないかホームセンターに問い合わせたのですが、10mが1本しかないということで、同じものはあきらめ、まったく異なる模様にすることにしたのですが、いいなぁと思う模様は本数が足りません。
広島に戻ってから探してもよいのですが、時間的に厳しいので、あきらめて適当に決めたら、なんと元の柄とほぼ同じようなものでした。
ロット番号って、何が本当なんだろう?

最後に、台所の壁の下地を調整するために、パテを塗っていきました。
約半分が終わったところで、予定を少しオーバーして3時半になったところで。窓を見ると雪が舞い始めました。
それも、かなり激しく。
外に出てみると、なんと雪がうっすらと積もって白くなりかけているではありませんか!
残りのパテ埋めを急いで、4時には浜田を出発。
ところが、前が見えないほど雪が降り始めました。
市内が白くなり、金城に行くまでに道路にも雪が積もり始めました(これはヤバイ!)
覚悟を決めてゆっくり進むと、金城に入ったところで道路の雪がなくなり、大佐山方向が明るくなってきました。
波佐まで道路に雪はなく、大佐山に差し掛かったところから圧雪。
時速40km/hをキープして登りきると、大佐山の上空は青空が広がってきました。
そこからは下りになると30km/hをキープして、後続車がくるとやり過ごしながら、マイペースで安全運転。
結局、温井ダムを過ぎると道路に雪もなくなり、通常の速度に戻って、広島にはいつもと同じように2時間半で帰り着きました。
そして、雪道走行のあとは、お約束の洗車をしてアパートに戻りました。











リフォーム | Comments(0)
2018/02/03.Sat

浜田の自宅リフォーム その36

今日は、日本海側に寒気が入り込み朝から寒い。
でも、8時半から作業開始。
今日は、トイレの扉の取付です。
柱側のほぞ穴を掘るのと、元の穴や蝶番のねじ穴を埋めたりと細かな細工をしますが、これが結構時間がかるのです。
そして、取付。
しかし、一人作業では思うように取付できません。
蝶番のねじ止め位置がどうしても下がるため、ドアの開閉時がうまくいかないのです。
何度か付け直してやっとスムーズに開閉できるようになりました。
以前の状態と、今回を比べてみるとこんな感じ。
木目調のドアに変えたことで、ちょっとアクセントになったと自己満足です。
20180106_浜田自宅のリフォーム  20180203_浜田自宅のリフォーム
          Before                           After

内側はこんな感じ。
20180203_浜田自宅のリフォーム

あとは、トイレ内の壁紙の隅っこのコーキングです。
まず、マスキングテープを貼ります。
20180203_浜田自宅のリフォーム

そして、コーキング材を打っていきます。
20180203_浜田自宅のリフォーム

次に、均してからマスキングテープを剥がしてできあがり。
20180203_浜田自宅のリフォーム

最後に、忘れていた手すりを取り付けて、トイレは完成です。
20180203_浜田自宅のリフォーム


午後からは、次の課題である天井点検口の取付です。
20180203_浜田自宅のリフォーム

位置はトイレ前と決めていたのですが、天井裏の構造がまったく分からないので、とにかく開けてみるしかありません。
点検口の大きさでべニアを切って、開口部へあてがって、このべニアに沿って天井をカットしていきます。
20180203_浜田自宅のリフォーム

まず、角をドリルで開けてから、回し引き鋸でカットしようとしたのですが、ドリルを通したところで上手く貫通しないことが分かり、これはちょっとやばい箇所だっかたと冷や汗ものですが、穴を開けたので、やるしかありません。
そこで、鋸からカッターに変えて、天井材をカットしていきます。
これが、意外と切れるんですね。
縦方向は、結構簡単に切れたのですが、横方向は、天井材はカットできたようですが、野地板が邪魔をしているようです。
トイレ側は3枚の野地板があり、途中はカッターでカットできたので、そこに回し引き鋸を差し込んで野地板を切断。
ところが玄関側は、回し引き鋸が入りません。どうやら垂木が邪魔しているようです。
ここは、ちょっと危険ですが強引に電動鋸で切断してみることに・・・・
3枚のうち真ん中の野地板は切断できたようですが、両端は丸鋸が開口部を超えて切断しないと切り取れない上に、丁度そこに釘があるではありませんか。
そのまま、強引にやっては、丸鋸の歯がだめになります。
そこで、釘を避けて約1cm内側でカットを試みました。
当然、天井材のカスで頭から体中がホコリまみれですが、ある程度切れたのを確認して、トイレ側から強引に下へ引っ張ったら、べキッという音とともに開口部が落下。
開きました。天井材が多少痛みましたが、なんとか許容範囲かな・・・
20180203_浜田自宅のリフォーム

ここで、時間切れで作業終了。
ほこりまみれになったので、実家に戻って、さっそく風呂に入って一休みです。

リフォーム | Comments(0)
2018/02/02.Fri

凍った王泊ダムと浜田の自宅リフォーム その35

この冬は寒い日が続きますね。
急がないと自宅リフォームが間に合わないので、ちょっと無理をして浜田に帰りました。
昨年の2月1日に発生した国道186号の山県郡北広島町細見の法面崩壊で通行止めとなっていましたが1月31日でやっと復旧したとのことで、通ってみました。

ということで、1年ぶりに王泊ダムを通過しようとすると、なんと一面真っ白。
20180202_凍った王泊ダム

ダム湖が凍っています。
20180202_凍った王泊ダム

吊り橋を渡った先の横道をみると、アラレの粒のようなものが路面いっぱいに散らばっています。
20180202_凍った王泊ダム

つまんでみても、融けません。
融雪剤なんでしょうが、これって環境にはどうなんでしょう?
ダム湖に流れ込めば希釈されて、基準値以下だから問題はないと環境省は言うのでしょうが、すぐ横に農地があった場合はどうなんでしょう?
車には絶対悪いですね。
昔、道路を走っていると急に「ボロボロボロ」と大きな音がして、暴走族が後ろについてきたのかと思ったのですが、バックミラーを見ても何もいません。
側道に止まってみると、なんと私の車が発している音で、降りてみると、マフラーの太鼓部分が落ちていました。マフラーのパイプと太鼓のつなぎ目が錆びて切れたようです。
マフラーの交換と相成ったのですが、ディーラーへ持ち込んで修理してもらったら、「30分もあれば交換できますので、コーヒーでも飲んで待っていてください」とのことでしたが、1時間経っても1時間半経っても何も言ってきません。
すると、「お待たせして済みませんが、ボルトというボルトすべてが錆びついていて、全部タガネで斫るのに時間がかかって、もう少し待ってください」とのことで、結局2時間半近く待たされたことがあるのです。
それからは、雪道を走ったあとは、必ず車の底部分を高圧洗浄することにしています。

しかし、今日はまだ路面にはあまり雪はなく、スムーズに浜田に到着。
さっそく、リフォームの続きを再開。
最初は、ガスコンロの設置です。
今のガスコンロは都市ガス用で、そうじもこまめにして大切に使ってきたので、まだまだ使えるのですが、浜田ではプロパンガスに変わるので買い替えなくてはなりません。
そこで、安いのをずっと探していて、たまたまエディオンで展示限定の格安ガスコンロを見つけました。
定価23,800円が展示限定で13,800円(税抜)。見つけてから2週間経過したので、もう売れただろうと思いながら出かけてみると、ありました。さっそく、購入して、浜田に持って帰り設置してみました。
ピッタリです。
20180202_浜田自宅のリフォーム

次は、トイレのドアの下地補修を済ませていたので、その確認をしたあと、ビニルシートを貼るので、下地をきれいに仕上げました。
今回は、右開きから左開きに変えようと思うので、蝶番を反対にして、ドアノブも内側と外側を入れ替えることになります。
そして、ドアの外側になる面を貼るために、以前剥がしておいた壁紙で木目調のビニルシートの型を取ってからカットし貼っていきます。
扉の中央上部にガラスがはめてあるので、貼るのがとっても難しい。
壁紙だと何度でも張り直すことができるけど、ビニルシートはそうはいかず一発勝負です。
かなり隙間ができたり、空気が入ったり、皺になりそうになったりしましたが、気にしないことにして、次は内側です。
が、内側も木目調にしたのでは少し暗くなる気がしたので、急きょ白い壁紙を買ってきて貼ることにして、ホームセンターへ買い出しに行きました。
しかし、ドア一枚分の壁紙はなかなかなく、結局、ふすま紙と壁紙の両方に使えるという白っぽくてシンプルな柄にしました。
これも、以前剥がしておいた壁紙で型をとってカット。
これはふすま紙ですので、水を付けて糊を溶かし、紙が伸びきるまで待ってから、貼りつけます。
ビニルシートの場合は、平面にして貼りつけるのが楽ですが、ふすま紙は立てかけて貼ったほうが楽なようです。
一人作業なので、途中の写真を撮る余裕がありません。
とにかく、試行錯誤しながら、なんとか完成。
ここで、時間切れとなったので、実家に戻って休みました。

リフォーム | Comments(0)
2018/01/22.Mon

浜田の自宅リフォーム その34

今日は、東京では大雪となるらしい。広島でも雪模様とか・・・
朝起きると、浜田もどんよりしていて、今にも降り出しそうな天気です。
今日は、早々に切り上げて広島に戻らないと大変なことになりそうです。

まず、2階の天井裏にブルーシートを貼って雨漏り対策をしました。
1.8メートル四方のブルーシートを屋根板に吊るして止めて、雨が漏っても天井裏に流れないようにして、その中央にバケツを置いておきました。
春になって、屋根に登って本格的に直したいと思います。それまで、なんとか持ってくれることを祈るしかありません。
と、ここで、雪ではなく雨が降り始めました。
このままだと、漏る部分を確認できるかもしれません。それまで、次の作業をすることにしました。

次は、トイレのドアを直します。
トイレのドアを外して、腐っている部分を確認すると、内側の下のべニアが完全にボロボロに剥がれています。
20180122_浜田自宅のリフォーム

全面を張り替えればいいのですが、ガラス窓の部分もあるし、上側はまだ大丈夫なので、桟のある部分を確かめて、剥がしてみました。
下から2段目の桟の中央にカッターで切れ目を入れ、それより上側が痛まないように剥がしたところです。
このべニアはボンドであり合わせてあるようです。
最後の一枚部分が剥がれません。
この上に新しいべニアを貼ったのでは、元の部分と段差ができてしまい、壁紙を貼ると横に筋が入ってみっともありません。
そこで、カッターとスクレバーとカンナとのみを使って、綺麗にはがしていくのですが、これが大変!
20180122_浜田自宅のリフォーム

そうこうしていると、外は陽が差してきました。雪になるという予報に反して、浜田はとっても良いお天気になりました。
ボンドで張り付いたべニアを剥がすために、少し時間を延ばして頑張ることにしました。
なんとか、段差をなくすところまで剥がして、新しいべニアをカットして合わせていきます。(ここで3時になりました)
うまくはまったところで、ボンドを付けて貼り合わせます。
20180122_浜田自宅のリフォーム

最後にクランプで止めて、次のリフォームまで放置しておくことにしました。
20180122_浜田自宅のリフォーム

そして掃除をして、午後4時に浜田を出発して、広島に戻ります。

途中、大佐山までは、道路にほとんど雪もなく、スムーズに走ることができましたが、細見から186号線の迂回交差点から豊平へそのまま行くと、なんと圧雪になっていました。
ここは広域農道なので、除雪をしないのかもしれません。
豊平へ出るトンネルを抜けるとこんな景色でした。
20180122_豊平の雪

20180122_豊平の雪

20180122_豊平の雪

でも、ここから先の道路には雪はなく、無事に広島に戻りました。

リフォーム | Comments(0)
 | HOME | Next »